メインイメージ

単価

パンフレット作成にかかる単価はどのくらい

パンフレット作成で必要なことの一つが、単価といって一分ごとの価格です。これはデザイン料とは全く別の費用として請求されます。
これはどのくらいの価格がかかるのでしょうか。

まず、基本となるA4サイズの4ページ刷りなら、費用として7万円程度ということもあります。この場合はデザイン料が含みで100部必要となる場合、このくらいの価格ということになります。ただ、これが300部になると7万2千円程度となり、部数が多いほうが単価が安くなるというメリットが出てきます。パンフレット作成の場合はこのくらいの部数はそこまで多くはありませんが、基本的な価格がこのくらい、ということになります。

これからページ数が増えると、徐々に単価も高くなってきます。中とじ8ページで13万円となり、単価も高めになってきます。こちらも同じく、300部となると14万2千円となり、500部となると14万5千円となります。このため、徐々に単価は安くなります。
この場合、デザイン料が込みになっていますから、デザインをしてもらう部分が増えれば増えるほど、つまりページ数が増えれば増えるほど、印刷に関しての費用はますます大きくなります。

一方、パンフレット作成で部数が増えれば増えるほど価格は高くなりますが、部数に関しては増えたからといってそこまで増えるというわけではありません。単価に関して言えば、パンフレット作成ではそこまで価格が大きくなるわけではないのです。
また、一部ごとの単価を安くするためには、部数をあえて多くするというのも方法です。部数を多くすることで一部ごとの価格を安くするということが大きなメリットでしょう。ちなみに必要となりそうな部数をあらかじめ多めに発注しておくと、総合して安くなるうえ、何かあった時に対応しやすくなります。なくなって急に発注したいといってもすぐに対応できない場合もありますから、多めの部数のほうがパンフレット作成には困らないでしょう。

ちなみに、これは基本的なプランです。
パンフレット作成の中には、スピードコースと言って最短数日でできるプランを準備しているところもあります。スピードコースの場合は早くできるためデザインなどはシンプルだったりしますが、とにかく先にパンフレットが必要、という時にはいいでしょう。ただし、この場合はスピード料金などでの追加料金がかかる事が多いものです。
一方、そこまで急がないというのなら、期間をゆっくりにしておくぶん安くなるプランもあるようです。”

最近の投稿

バナー