メインイメージ

著作権

著作権に気をつけないとパンフレット作成はできない

パンフレット作成の時に、どんなパンフレットにするか、ということはもちろん大事なのですが、それ以外にも知っておかなくてはならないことがあるのです。
その一つが著作権ですね。
著作権を違反すると、訴えられたり、法的に賠償責任を負う事があります。

著作権とは、作成した様々なものに対しての権利です。
これは、絵や文章、デザインなどもそうです。コンピュータプログラムや音楽などにも含まれますが、パンフレット作成にはあまり関係が無いでしょう。ただしアイディアや形のないものに関しては著作権の範囲の対象外となっています。知的財産権というジャンルの権利であり、例えば商標権や特許権などとほぼおなじジャンルの権利です。もちろん人の権利を侵害すれば損害賠償の必要が出てきます。
では、この著作権を侵害した場合というのはどういう時かは、それぞれのパターンによっても違います。

ひとつは、画像をそのまま持ってきたり、文章をそのまま持ってきた、というものです。キャッチコピーや文字、ロゴ等にも全て著作権が発生していますから、パンフレット作成の時にはそのような文章や画像を勝手に持ってくることhできません。ネット上にある、類似している企業が使っている、というだけで勝手に持ってくると、複製権の侵害となることがあります。複製権とは自分の作ったものを勝手に複製されたり、他のメディアなどに掲載されないという権利です。また、頒布権といって、いわゆるお金をとって配ったり貸し出したりする権利に引っかかることもあります。

次に、画像を加工しているということです。実はこちらのほうがさらにたちが悪く、ネット上や他のパンフレット等に掲載されている画像を少し加工して掲載する、というのは、著作権で言うところの同一性保持権と複製権に引っかかります。同一性保持権とは、自分が権利を持っているものを自分の意に反して改変されないという権利です。
パンフレット作成に関しては、このような他の様々な権利にも関わってきます。一方、作成したパンフレットを勝手に第三者に使われない、ということで自分たちを守るための権利でもあります。

ただし、パンフレット作成に関してはこのような各種権利があることによって、自分たちの権利もまた守ってくれるのです。
また、この権利にも利用できるようにするための方法はあります。一つは引用で、いくつかの特定の条件を満たせば他者の著作物を使うこともできます。”

最近の投稿

バナー