メインイメージ

手書きで作成

手書きでもパンフレット作成はできる

パンフレット作成をすると、時に手書きでして欲しいという人もいます。もちろんすべてを手書きですることは全くできませんが、時と場合によってはとても効果的なものになることがあります。

まず、すべてのパンフレット作成を手書きで、というのはとても厳しいでしょう。パンフレットは数ページに渡るものですし、手書きは確かに気持ちがこもっているかもしれませんが、とても大変です。
このため、もし手書き感ならではの雰囲気を出したいのなら、手書きですべての文章を書くのではなく、あくまでも印刷できる程度のものにとどめておく必要があります。例えば書いたものをパンフレット作成では全面的に画像にしたりということでしょう。ただし、変更などがしにくいのも問題です。テキストデータをそのまま入れればパソコン上で簡単に変更や修正ができるのですが、書いてある文章はとても難しいのです。
このため、もし手書きならではの暖かさがある見た目がいいのなら、パンフレット作成の時にそのような作り方をしてもらうのも方法でしょう。
この時できることとしては、文字の見た目であるフォントを雰囲気のあるものにしてもらうということです。温かい雰囲気のものならば、特に癒やしやお客様に対してリラックスを与えるような業界なら活用しやすいでしょう。
ちなみに、パンフレット作成に関してはすべての文章を独特なフォントにしてしまうと、とても読みにくくなってしまいます。ある程度文字の大きさが取れ、見やすい場所にある文字列にフォントを適用すれば読みにくさもないでしょう。ただし、そうではないのならよく気をつけたほうがいいかもしれません。説明文やただの文章などはしっかり読みやすいフォントを選びましょう。長めの説明文や一般的なちょっとした見出しなどには使わないフォントでもあります。
ちなみに手で書いたイラストなどをものを画像にして掲載することはできます。これは写真をとって写真として掲載するのですが、他にも様々なやり方があります。画像なら変更は非常に厳しいので、誤字・脱字には注意しておきましょう。

ちなみにパンフレット作成に関しては親しみや信頼性、人情味などを演出するためにこのようなパンフレット作成をすることがあります。
これはビジネスの場ではあまり好まれませんが、お客様向けの商品や幅広いお客様に優しい印象を与えたいというのなら、悪い方法ではありません。しっかりと活用してみましょう。”

最近の投稿

バナー