メインイメージ

見出しデザイン

パンフレット作成で見出しのデザインを考える

パンフえっと作成では何が書かれているかを端的にわかりやすく伝えるために、見出しを作成することがあります。
この見出しですが、デザインはそれぞれの重要度合いによっても違います。

まず、一番大きいこととしては、そのページのタイトルでしょう。
見開きの2ページに何が書いてあるかを分かりやすくするため、そのページの中で最も大きな文字にし、また最も華やかなデザインにする必要があります。ページごとにデザインやカラーがしっかり決まっているのなら、その雰囲気と大きくずれないようなものにしておきながら、可愛い物にしておいてもいいでしょう。見出しにイラストをつけたりできるのもパンフレット作成の嬉しいところですね。

その次の見出しの場合、太字にするだけ、文字色を変えるだけというような大きな要素に加え、更に色を変えたり下線を引いたりする事もできますね。とはいえ、これは一番大きな見出しよりも大きくし過ぎないことがポイントです。一番大きな見出しよりも大きかったりデザインが華やかだったりすると、どちらが大きいかわからなくなることもあります。

とはいえ、大体の場合はこの2つしか必要ないことが多いでしょう。色や形などで作ったあとですから、これ以下は太字やシンプルな下線だけなどでパンフレット作成ができる場合もあります。
パンフレット作成では、このように見出しを一度作ったら、余白も大事です。しっかりと余裕を持たせて他の文章やイラストなどと区別することでますます見やすいパンフレット作成ができるでしょう。特に余白は共通してとっておくと、他のところでも使いやすくなります。

ちなみに、それぞれのページごとにデザインを変えることはあまりありません。ただし、明らかに背景色と同化したりするときには色を変えたりデザインを変えたりすることもあります。共通したデザインという共通感が乱れる場合が多いのですが、実際には色や形を変えることで見やすい時に見やすいように整えることができればいいでしょう。

ちなみにこのようなものは、パンフレット作成でページ数が少なければあまり作らないこともあります。必要ではないからではなく、掲載する内容をしっかり吟味すれば不必要だと判断されることもあるのです。
実はウェブサイトならある程度必要になることもありますが、パンフレット作成で必ず無くてはならないというわけではありませんから、見やすさを第一に考えておきましょう。ただしページ数が多い時には作ると見やすくなることが多いのです。”

最近の投稿

バナー